トップ >> 葬儀をしないという選択

葬儀は簡素化の傾向にある

日本では通夜と葬儀をして火葬をするという手順が一般的ですが、ひと昔まえはお金を惜しんではいけない行事として費用が高止まりしていました。近年では火葬のみを希望する人が増え、低価格化の兆候がみられます。通夜・葬儀をしなければならないという義務はないのです。残された人に迷惑をかけたくないという個人主義的な考えにも影響されていると思います。病院から火葬場へ直行して、翌日に火葬を行うのが最もシンプルなプランです。もう少しゆっくりとお別れをするなら、棺に花や故人の愛用品を入れたり、会食をするといった形式をとることになります。

死を受け入れるプロセスとして

火葬のみにすると決定したとしても、かかる費用が火葬場へ支払う分だけで済むわけではありません。ご遺体を安置する、霊柩車で運ぶ、棺に納めるといったことは葬儀社の役割ですので、その分の費用が発生します。火葬のみというプランが設けられている会社もありますが、セット価格に何が含まれていて何がオプション扱いされるのか確認しておくことが重要です。傾向として葬儀は簡素になりつつありますが、人の死を受け入れるためのプロセスとしては決して軽んじるべきではないとする意見もまだまだ根強いです。家族のほかにもお別れをしたい人がいるかもしれません。

葬儀形式についての情報