トップ >> 宗教にとらわれない葬儀

無宗教による葬儀の進行

特定の宗教にとらわれない葬儀スタイルを無宗教葬といいます。故人の希望によるものや、付き合いのあるお寺がないことを理由とするもの、費用を抑えることが目的のものなどがあります。まだまだ知名度の低いものではありますが、年々増加している形式のひとつです。一般的な進行としては、黙祷に始まって故人思い出の曲などを流したあとナレーションやスライドで故人の経歴を振り返り、お別れの言葉を述べ献花することで完了とします。なにしろ自由な葬儀なので、献花を焼香にしても構いませんし、歌や踊りのある賑やかな式にしても問題ありません。

無宗教葬で考えられるトラブル

無宗教葬には形式がないので、様々なトラブルが予想されます。遺族や親族間での打ち合わせをしっかりと行なって誤解や齟齬のないようにしておかなければ、不幸な結果になってしまうかもしれません。また、葬儀社選びも重要となります。会社によって企画や演出の巧拙がかなり違いますので、事前に数社を比較検討するのがおすすめです。納骨場所については公営墓地や民営墓地となりますので、その確保も考えておかなくてはなりません。仏式葬儀にある四十九日や一周忌といった追悼法要についても、どういった形で行うのか決めておく必要があります。

葬儀形式についての情報