トップ >> 日本独自のキリスト教葬儀

日本のキリスト教葬儀は複雑

キリスト教結婚式は日本で一般的なものとなりましたが、キリスト教葬儀は全体の1%にほどしかありません。キリスト教式といっても日本の文化に配慮したものとなっているため、日本独自のものとなっています。基本的には弔辞や弔電、遺族挨拶など仏式で進行していきますが、そこに聖書朗読、説教、賛美歌が差し挟まれます。さらに仏式と違う点は、正面に遺影を飾らないこと、供花の札を並べないことなど様々あります。仏教とキリスト教の双方が混ざった形式となっていますので、キリスト教葬儀に慣れている方にも注意が必要になるのではないかと思います。

キリスト教式と仏式の違い

キリスト教葬儀に参列する場合、焼香の代わりとして献花でお別れをするケースが多いです。そもそも献花をすること自体が日本独自のもので作法が決まっているわけでありませんが、一般的には茎が祭壇を向くようにして献花台に置いて黙祷します。また、香典の封筒には「お花料」と書くのが適当とされます。香典の金額や喪服に関しては仏式と同様で大丈夫です。キリスト教葬儀においては、参列者の全員による賛美歌斉唱の場面があります。戸惑うこともあるでしょうがそこで無理に合わせる必要はなく、一緒に立つ程度で十分に弔意は伝わります。

葬儀形式についての情報