土葬による葬儀が行われました

葬儀のひとつである火葬ですが、日本での比率は99.93%という世界でも類をみない数字を記録しています。お釈迦様の葬儀が火葬であったことから仏教との関連が高いとされていますが、大量の薪を必要とする贅沢な葬法のため江戸時代までは土葬が主流でした。戦後になり墓地不足や公衆衛生の観点から政府によって推進されたことで普及していきました。しかし此度の東日本大震災では、土葬が行われることとなりました。多数のご遺体、ドライアイス不足、火葬場の被災、交通網の断絶、燃料不足によってそうせざるを得ない事態が発生したのです。

土葬は非常識な葬法?

土葬は墓地埋葬法で認められた葬儀形式のひとつですが、条例等で禁止されている場合が多く、マニュアルもノウハウもない状態でした。対応に追われた自治体は、特例措置によって対応し、宮城県内では6市町村で土葬が行われました。今回の埋葬では、数年後に改めて火葬することを前提としています。馴染みが薄く、掘り起こしの必要があることから心理的抵抗があるとの声もあがりました。しかし土葬は非常識なものでも、死者の尊厳を傷つけるものでもありません。葬儀の中でも火葬するのが当たり前になっていると、こんな感覚になってしまうのも無理はありません。

新着情報

2016-08-17 墓石の豊富な種類が追加されました。
2015-07-23 家族葬のことならここが更新されました。
2015-01-06 せっつメモリアルとはが更新されました。
2014-05-14 葬儀を地元で行うが更新されました。
2013-07-19 神奈川の霊園を利用が追加されました。

葬儀形式についての情報